!船川データベース用に600dpiオリジナル画像と50%画像の両者にリンクする !ディレクトリ内の元画像ファイルの拡張子が.jpgの場合 !for a in *.jpg; do convert -resize 200x $a `echo $a !| sed s/.jpg/_200.jpeg/g` ; done !上記を一行で実行して、各画像ファイルのサムネイルを作成。 !ls *.jpg > lsjpg で元画像だけのリストを作成 !ls -l -h *.jpg > lslh で元画像のファイル情報のリストを作成 !lslhの中のいらない部分を箱選択で削除 ! !for a in *.jpg; do convert -resize 50% $a `echo $a !| sed s/.jpg/_50.jpg/g` ; done !上記を実行して元画像の50%画像を生成 ! !lsjpgの.jpgを_50.jpgに置換して50%画像のリストを作成しlsjpg50に保存 !ls *.jpeg > lsjpeg でサムネイルのリストを作成 !cp lsjpg lshtml でlsjpgをlshtmlにコピーして、viで開き !冒頭に元画像ファイル数を書き込み、 !.jpgの拡張子を.htmlに置換する。 ! implicit real*8(a-h,o-z) character a20h(1000)*40,a20je*40,a20j*40,html*40,a40l*40,a20j50*40 nretu=3 open(1,file='lshtml') read(1,*) n open(2,file='lsjpeg') open(3,file='lsjpg') open(4,file='lslh') open(5,file='lsjpg50') open(7,file='index.html') iretu=0 write(7,*) '' write(7,*) '' write(7,*) '' write(7,*) '' write(7,*) '' write(7,*) '' write(7,*) '画像アルバム' write(7,*) '' write(7,*) '' write(7,*) '' do i=1,n read(1,*) a20h(i) end do do i=1,n if(iretu==0) then write(7,*) '' end if iretu=iretu+1 read(2,*) a20je read(4,'(a40)') a40l write(7,*) '' if(iretu==nretu) then write(7,*) '' iretu=0 end if ! open(8,file=a20h(i)) read(3,*) a20j read(5,*) a20j50 write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '',a20j,'' write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '

' write(8,*) '
' write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '
' write(8,'(a40)') a40l write(8,*) '
' write(8,*) '600dpiオリジナル画像(注意参照)' write(8,*) '

' write(8,*) '

注意

' write(8,*) '

' write(8,*) 'サムネイル画像をクリックすると300dpiの画像ファイルを開けます。' write(8,*) '「600dpiオリジナル画像」をブラウザーで開くとエラーとなる場合が' write(8,*) 'あるので、右クリックで「リンク先を保存」等の方法で' write(8,*) 'ダウンロードして下さい。' write(8,*) '

' write(8,*) '

' write(8,*) '' write(8,*) '' write(8,*) '' close(8) ! end do write(7,*) '' write(7,*) '
' write(7,*) '
' write(7,*) '

' write(7,*) ' ' write(7,*) ' 資料番号:',i,'
' write(7,'(a40)') a40l write(7,*) '
' write(7,*) '

' write(7,*) '
' write(7,*) '' write(7,*) '' close(1) close(2) close(3) close(4) close(7) end