創造工房実習 - *2007年度創造実習の作業用ページ

目次

2007年度創造実習の作業用ページ

最終レポート

Iの考察

 今回の結果は前回を上回る結果となった。主な理由として所々桁の厚さ増したことだと思う。またオープンキャンパスの時の反省をふまえて、折れた部分にかなり補強材を加えていった。主桁だけを厚くするだけでなく、集中荷重の圧縮試験なので荷重がかかる部分以外の箇所も丈夫にしバランスよく力が行きわたる必要性があると思った。その点ではうまく作れたと思った。ただ、反省として、オープンキャンパス時と同じ箇所が折れてしまった。その部分はもう少し厚くすればよかった。  また、スパゲッティ橋ということで作り方にもよる。やはり接着剤がきちんとくっついてるかにもよるが、どれだけ密につくられているかにもよると思った。構造的にはトラスやアーチがあるが今回はスパゲッティなので折れないようにどう工夫するか、そういう点でうまくいったと思った。

Kの考察

 今回は残念ながら前回より強度が低くなってしまった。形は前回同様、トラスで挑んだが、強度が10を切ってしまった。今回作ったトラスは下弦材を太くしてスパンを眺めにとった。しかし、自重を気にせずつくっため、前回のよりも3倍も重くなってしまった。そのため、重い死荷重のためこのような結果になったと思われる。下弦材の割りに回りの端対傾向や、斜材が細く、材料が極端に少なかったことも原因と考えられる。また、前回より気温が低かったことや、重りをさげるところを強くしなかったのも悪かったとこだと思う。今回の実験を通して分かったこと、気付いたことは、少ない材料で作ることと、全体的にバランスよく、どの部材も偏りなく作ることと後、荷重方向と垂直な部材を作ることである。沢山改善するところもあったし、残念な結果に終わってしまったが、物を一から作る難しさを体験できたのでよかったと思います。

Sの考察

 自重:360(g) 崩壊荷重:2950(g) 崩壊荷重/自重:8.2  私がトラス構造にしたのは、トラスは部材を三角形状に組み合わせることで荷重が加わっても曲げる力があまり作用せず変形しにくいからである。また、少ない材料で作れるため自重の軽い橋を作れると思ったからである。  1回目に作った橋は、初めて作る橋だったのであまり考えずに作った。結果は崩壊荷重/自重が36.0と初めて作った割には良かったのかなぁと思った。崩壊した時の状態を見てみると、中央部ではなく支点に近い場所から壊れ始め結果的にその部分が壊れていた。

   原因として、各部材の寸法が揃っていなかったこと、しっかり接着されていうなかったこと、部材厚が薄かったからだと思った。  2回目に作るときには、1回目の反省点を踏まえて作ってみた。しかし、部材厚ばかりにこだわりすぎてしまったために設計条件である自重200gを超えてしまった。結果も1回目よりも悪い結果だった。2回目の崩壊も1回目同様に支点に近い場所で起こっていた。1回目の反省点はあまり反映されていないと思った。

 原因として2回目は作り終わってから2週間ほど放置していたためすごく乾燥していたので、これが大きく影響したと思う。他にも下の写真のように私の橋は、中に何も部材を入れていない。対傾構を入れることでもっと荷重に耐えられたのではないかと思ったた。それから、部材は厚くすれば強くなるというものではないことも2回目の破壊試験により分かった。

Tの考察

 前回の秋大祭でつくったトラス橋の破壊試験結果の結果から考えられる原因は、

・部材強度の不足

・接着ミス

が考えられたので、今回はその2つに注意して前回と同じトラス橋を作った。トラス橋にした理由としては、集中荷重試験なので荷重がうまく分散されて高強度の橋になるのでは?と考えたからだ。  試験結果は自重180g、崩壊荷重1845g、崩壊荷重/自重10.25 となったがスパンが45(条件60)となり参考記録となってしまった。その理由として前日に自宅で橋を作成したところ、部材同士がうまく接着せず苦戦していたのだが、接着剤が1番下の主桁に流れてしまって橋とテーブルが接着してしまい切り離す段階で桁が折れてしまった。非常に残念だった。また他の人の橋を参考にして強度を上げようとして補強したつもりだったが、結果的に斜張橋みたいな構造になってしまった。この試験はテーブルとテーブルの間に橋を置いて載荷試験をしたので補強は無意味だったと思われる。  最後に自分が設計した橋と実際に作った橋は、前述したのだが部材同士の接着がうまくいかず下の写真のように試験時にはがれてしまった。結果的に非常に悔いが残る2回目の橋だったので機会があればもう1度作ってみたいと思った。

Iさんの橋

見た感じからこれは強そうだ、と思わせるぐらいの力作だった。結果もダントツで1位だった。

Kさんの橋

主桁が他の橋より厚く強そうに感じた。破壊も真ん中で壊れたので設計通りに破壊されたのではないかと感じた。

Mさんの橋

軽量化に成功したもののあっという間に破壊された。自分と同様接着ミスがあったと感じた。

Sさんの橋

しっかり作られていると印象をもった。強いのだが、自重が重すぎかなと思った。

Mの考察

今回の橋は前回に比べて強度がかなり落ちてしまった。 原因としては、やはり一つ一つの部材が細かったというのが一番だと思う。 オープンキャンパスのとき作ったものは、トラス橋で今回はアーチ橋にしようと考えたのだが、結果として中途半端な橋になってしまった。 それに付け加え、橋全体を軽くしようと考えたのだがこれも裏目に出てしまった。 それに接着も不十分であった。軽量化自体には成功だったが、結果前回の橋よりも簡単に壊れてしまった。 しかし、破壊箇所が1点に集中すると思っていたが、結果はすべてが崩壊した。これには驚いた。

実験予定

実験日時製作者自重崩壊荷重崩壊荷重/自重
12/19I2651264547.7
12/19M115510(参考865)4.4(参考7.5)
1/9S36029508.2
1/16K33532159.6
1/23T180(スパン45cm)(参考1845)(参考10.25)

写真

オープンキャンパス対戦予定表

対戦時刻東軍(4年M1)自重(gf)崩壊荷重(gf)崩壊荷重/自重西軍(3年)自重(gf)崩壊荷重(gf)崩壊荷重/自重
11:00山崎96133013.9T8190511.2
12:00太田116177315.3I155288518.6
13:00本田949309.9M96217022.6
14:00高福120127510.6S136490536.0
15:00工藤131654550.0K113164514.6

上記内容を模造紙にマジックで書いて部屋に貼り付ける。

スパゲッティー橋(設計条件)

自宅やアパートで橋を作る人は、じゅうぶんに換気しながら作業して下さい。 アロンアルファなら毒性は低そうですが、ツリロンはシアノアクリレート以外の成分がどの程度含まれているかなど不明なので。

スパゲッティーブリコン各種

出席状況

日付出席者(場所)作業内容
10/02I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
10/10I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
10/17I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
10/24I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
10/31I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
11/07I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
11/14I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
11/21I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
11/28I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
12/05I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
12/12I/K/T/M/S(218)打ち合わせ
12/19I/K/T/M/S(218)破壊試験
1/9I/K/M/S(218)破壊試験
1/16I/K/T/S(218)破壊試験
1/23I/K/T/S(218)破壊試験

課題

オープンキャンパスのスパゲッティー橋コンテストのDVDと写真、結果表を見て、 結果的に弱かった橋の特徴、強かった橋の特徴を自分なりに分析し、 それをもとにどのような橋を作ればより強い橋が作れるかを簡潔にまとめ、各自ここに書き込む。

Iの考察 

最終的な形としてオープンキャンパスの時に作った物と同一にする。ただ、弱かった部分を補強したり、冗材をなくしたりするなど工夫はしていきたいと思う。

Kの考察

アーチよりトラスの方が強いと思っていたが、一つ一つの部材を太くし、下弦材を強化することによりアーチでもより強い橋が出来ることがわかった。次はコンパクトで部材が太いトラスを作ろうと思う。

Tの考察

今回はトラス橋を作った。自分が想像してたよりも強度があった。DVDで荷重を加える様子を観てると接着ミスが原因だと感じたので、次回はそこに注意してみようと思った。また部材の強度も上げていこうと感じた。

Mの考察

今回はトラス橋を作ったが、思っていたより強かった。次に作るときもトラス橋にし、デザインも考慮してさらに強い橋を作ろうと思った。 そのためには、1本1本の強度を上げて作ろうを思う。

Sの考察

今回のスパゲッティ橋を見て、一つ一つの部材が薄かったり細いと壊れやすいと思った。次回は、デザインよりもどのようにしたら大きな荷重に耐えられるのかを考えて橋を作りたいと思った。あと、作っている最中に壊れてしまい接着剤で付け直したが部分の強度が弱くなってしまったので壊さないように慎重に作業を進めていきたい。

以下は2006年度 創造工房実習の作業用ページ

レポートの書き方

画像を参照しながら説明した場合は、 載荷試験の写真集その1 から参照したい画像をクリックして開いておいて、その画像ファイルのURLをブラウザーのアドレスバーから コピーしてここに貼り付ければ(編集画面で確認してください) こんなふうに画像を貼り付けながら説明することもできます。 この写真を見れば分かるように…とかなんとか…

過去の例、資料など

出席・作業状況など

その他

以下は昨年度資料

**試験手順

学科内公開ページ

後藤担当ぶん(2005)

薄木先生担当ぶん(2005)

薄木先生担当ぶん(2006)